あなたはフォロワーのことをどの程度把握していますか? ~AIとLINEの連携が実現する、パーソナライズされたメッセージの配信~

執筆者:Appier ジャパン ESSチーム

Appierは、2018年4月、AI搭載のデータインテリジェンスプラットフォーム「AIXON(以下、アイソン)」とLINEビジネスコネクトとの連携を発表しました。これによりLINEビジネスコネクトの導入企業は、公式アカウントのフォロワー(友だち)に対して、趣味嗜好をユーザーレベルで把握することができるようになりました。また、趣味嗜好情報を活用したフォロワーのセグメント機能と、シームレスなメッセージ配信機能もあわせて提供します。

「LINE ビジネスコネクト」の導入企業が、「アイソン」を使って抽出したオーディエンスにメッセージを送信する操作画面

LINEビジネスコネクトとは

LINE ビジネスコネクトとは、LINEが提供するAPIと企業のシステムを連携させることで、パーソナライズされたメッセージの送信や企業とユーザーの双方向のコミュニケーション、LINE上で企業サービスの提供を実現することができるサービスです。

マーケティング上の課題

LINEは全世界で2億1,700万人以上(2018年3月実績)に登る人々に利用されている人気のメッセージングアプリであり、LINEアプリに直接メッセージ配信出来ることは非常に効率の良いマーケティングソリューションといえます。しかし、スタンプ配布等で獲得したフォロワーへのメッセージ配信の配信先や内容、頻度、タイミングによっては、多くのフォロワーにブロックされてしまうケースがあります。結果、想定ほどそのプロモーションの成果を得ることができない企業も出てきます。

Appierの提案

Appierではメッセージがブロックされる理由について、フォロワーの関心に合致していないメッセージの配信に一因があると考えています。この状況を打破するための一つの方法として、企業はフォロワーの行動特性や嗜好を理解し、それらに基づくパーソナライズされたメッセージを配信することが求められています。

アイソンは、企業が自社のサービスを通じて収集したモバイルの識別データやCookieをLINEオフィシャルアカウントのフォロワーデータと統合します。さらにこのデータセットをAppierが独自に構築したCrossX AIデータベースと連携させることで、フォロワーの趣味嗜好をユーザー個人のレベルで、把握することができます。例えば旅行先としてどこを検討しているのか、サッカーファンがどのチームをサポートしているのかといった、具体的な情報です。

このデータを元に「友だち」をセグメント化し、パーソナライズされたメッセージをタイミングよく配信することで、これまでよりも高いメッセージ開封率とリンクのクリック率を実現し、効率的なサイト誘導などが期待できます。たとえば、海外ツアーを販売する旅行代理店では、この連携機能を使い、ヤンキースとニューヨーク旅行に関心をもつ50歳代のフォロワーを見つけ、メジャーリーグ観戦ツアーのDMを配信する、キャンペーンに誘導するといったことが可能になります。

アイソンならマーケター自身がターゲットオーディエンスデータの抽出、セグメントから、メッセージ配信が可能に

Appierは、アイソンにマーケターがオーディエンスの予測・抽出の必要条件である「コンバージョン予測ブレイン」の他、7種類の分析軸(ブレイン)を搭載しています。

マーケターは、自社の施策、保有するデータセットの状況に応じて、単一もしくは複数のブレインを選択すれば、容易に施策に適したオーディエンスを抽出することができます。アイソンは、オーディエンス分析、抽出における理由を提示する機能があるため、マーケターは、データサイエンティストやエンジニアといったデータの専門家の助けがなくても、利用するデータセットやブレインの組み合わせを通して施策の「勝ちパターン」を見つけることができます。一方でアイソンのAIはデータを学習し、データベースを更新し続けるため、分析・抽出の精度が上がります。セグメントの精度が向上すれば、一人当たりにかけるマーケテイング費用対効果が上がるため、効率的にマーケティング施策が回せるようになります。

Appierは、LINEビジネスコネクトの導入企業には、アイソンによる精度の高いオーディエンスセグメンテーションの利用し、高いユーザーエンゲージメントを体験していただきたいと考えています。

*アイソンの機能や導入に関してご質問がありましたら、ページ右上の「お問い合わせ」をクリックし、問い合わせフォームにご記入下さい。